送料無料*!https://t.co/GtHObche5L pic.twitter.com/E9sWfX6lZH, なんだか複雑になっているような気もしますが、消費者にとって口にするものは安全であって欲しいので、表示をしてもらえるようになったのは、選択肢も増え嬉しいことだなと思っています。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. FDA's new regulations won't allow non-GMO, GMO-free label New regulations propose strict guidelines for voluntary labeling of non-GMO productsIn mid-January, the US Food and Drug Administration announced new regulations requiring biotechnology companies to consult with the FDA at least 120 days before marketing new GM foods. The food industry has backed companies like the non-GMO project that create these label markings and claims, which weakens their case. Non-GMOの意味は、GMOでないと言うことなのですが、では、GMOはなんの略かというと、 Genetically Modified Organism の頭文字からきています。 これを日本語にすると、遺伝子組換え作物になります。 つまり、Non-GMOの意味は、遺伝子組換え作物でない、になりますね。 ただ、作物と訳していますが、GMOのorganismは、遺伝子組み換えされた生物なども含み作物だけに限りません。 After forcing some companies to change their labels over complaints of the Non-GMO Project Verified seal, the Canadian Food Inspection Agency (CFIA) now says the “butterfly” label … In fact, the non-GMO label is fundamentally different because it is based on an entirely false assumption. Comments owned by the poster. With the label, shoppers get a tool to help navigate the often-confusing grocery aisles since it provides a clear way to identify products that do not use GMOs. A new label, “ Non-GMO Project,” is appearing on food packaging in your grocery stores. 日本でも、有機栽培(オーガニック)食品について知名度が上がってきたと思うのですが、Non-GMOは皆さんご存知ですか?, ハワイのホールフーズスーパーマーケットが人気スポットとなっていますが、そこの食品でよく見るであろう表示マーク「Non-GMO」について今日は詳しくご紹介していきたいと思います。, Non-GMOの意味は、GMOでないと言うことなのですが、では、GMOはなんの略かというと、, ただ、作物と訳していますが、GMOのorganismは、遺伝子組み換えされた生物なども含み作物だけに限りません。, 日本でも、食品ラベルの裏に、大豆(遺伝子組み換えでない)という文字を見たことありませんか?, そもそも、遺伝子組み換えでないと言う表示は私たちに何を伝えているのか考えたことはありますか?, 遺伝子組換えのそもそもの目的は、生産者や流通業者にとっての利点を重視したものでした。作物の遺伝子を人為的に操作し生産性を高めるために行われました。, 除草剤、害虫、病気など作物を育てる上で、生産性のリスクになることを遺伝子操作により排除しようとしたわけですね。, 特に、大豆、とうもろこし、棉は、90%以上も遺伝子組み換えの種を使っていると言われているそうです。, また、2020年から、カナダからの輸入禁止が解かれた遺伝子組み換えされた卵から作られるサーモン(鮭)を販売できるとあって話題になっています。, Bad news: GMO salmon could arrive in U.S. restaurants by next year #frankenfish https://t.co/s3JPJEIM3p via @thetakeout, — Non-GMO Report (@nongmoreport) 2019年7月2日, 最近では、安全性や高い栄養価などの消費者への利益の取り組みも活発になってはきていますが、まだまだどのくらいのリスクがあるのかデータの確証がないというのが現実ではないでしょうか。, そのため年々アメリカで増えてきた、アレルギー、薬剤耐性、ガンの増加の原因は、多すぎる遺伝子組換えの作物の摂取ではないかとも言われたります。, ただ、これを支える確固たる研究報告が認められないため、遺伝子組み換えの作物については、常に両論賛否があります。, 先ほど、日本で食品ラベルの裏によく大豆(遺伝子組み換えでない)の表示を見たことがないかと聞きました。, 日本は、表示義務がありますので、このように遺伝子組み換えの作物が使われているかどうか表示されているわけですね。, もちろん表示を義務化するよう州法を変えようという運動は常にありましたが、なかなか実現できない中、2008年に非営利団体NON GMO Projectが立ち上がり、北米において非遺伝子組み換え食品および製品の認定を行い、NON GMO Project VERIFIEDマークの表示を広めてきました。, それが、このNon-GMOのマークですね。これは遺伝子組み換えでない、ことを意味します。, *ポイントなのは、このマークがないからといってすべての食品が遺伝子組み換えだとは言えません。このラベル取得のためにかかる期間や費用を考えて取得していない企業もあるからです。, また、他には、米農務省(USDA:United States Department of Agriculture)管轄の全米オーガニックプログラム(NOP:National Organic Program)に認定されたオーガニック食品も遺伝子組み換えを使用していない表示になります。, 2012年ごろから遺伝子組み換え作物の表示義務に対する運動は広がりを見せ、ついに2016年、連邦議会により遺伝子組み換え食品の表示基準の規則が可決されましたが、USDAがラベル表示の実施を、民間意見調査期間のため2年間遅らせ、ついに2018年の12月に全米バイオ工学所品情報開示基準を決定しました。, これに基づいて2020年1月(2022年までに完全義務化)より、遺伝子組み換えとみなされる食品に関して、「これは遺伝子組み換え食品です!」と宣言する表示義務となりました!!, つまり、今までは、Non-GMO「遺伝子組み換えじゃないよ」という表示でしたが、新しく義務付けられたのは、BE:Bioengineered Food=バイオ工学食品です!と表示するラベルです。, 来年以降、アメリカに来るとこのラベルを見ることがあるかもしれません。(もしくは、QRコードから情報読み取り), US requires labeling of GMO foods as “bioengineered” 米国のシンクタンクInformation Technology and Innovation Foundation(ITIF)は9月24日、遺伝子組み換え原料を含まない食品への「Non-GMO」ラベル添付を禁ずるよう、米食品医薬品局(FDA)に市民請願手続きを行った(ITIFの発表、請願書PDF、FOODBEAST、Food Dive)。, Non-GMOラベルは米非営利組織Non-GMO Projectによる認証を示すもので、北米では幅広い食品メーカーが自主的に添付しているという。Non-GMO Projectでは農産物や畜産物の品種別に遺伝子組み換えが行われている可能性の高さを「リスク」と位置付けているが、遺伝子組み換え食品の安全性については信頼できる長期にわたった研究が行われていないとしており、ラベルは消費者が選択するための情報を提供するものだと説明している。, これに対しITIFは、人工的な遺伝子組み換えでは自然界や従来の交配技術で起こらない遺伝子の組み合わせを生み出すこともあるが、新たな遺伝子の組み合わせは自然界でも常に発生していることであり、遺伝子組み換え食品の方が安全なこともあると主張。Non-GMOラベルの添付された食品の方が安全という印象を与えるのは消費者を誤解させるもので、連邦食品医薬品化粧品法に違反すると述べている。, しかし、米国ではバイオエンジニアリングによる原料を含む食品への表示に関する改正法が2016年に成立し、米農務省(USDA)が2020年の施行を目指してルール策定を進めている。ただし、表示は「GMO」ではなく「BE(bioengineered)」になるようだ。また、Non-GMOラベルは食品業界からの支持を受けており、表現の自由を保証する合衆国憲法修正第1条にも支持されるため、FDAがITIFの主張を認める可能性は低いという。たとえFDAが承認しても、実際に禁止するには規制の改定または法改正が必要になることもあり、すぐに実現するようなことではないとのことだ。, 遺伝子組み換えかどうかは本質ではないってのはその通りで、問題になるのは「遺伝子組み換えでないことが品質保証になる」と言う科学的に誤った理解の元運用されている点にある。モンサントの遺伝子組み換えがなぜ問題になったかというと、除草剤耐性を高めることで農薬漬けになるからだって話なわけで、残留農薬検査をチェック項目に入れた品質保証システムを導入するのがくだんの団体がやらないといけないことだろう。, まあ、宗教的基準で安全性との因果関係はありませんってちゃんと説明したうえで運用するなら別に構わないと思いますが。ハラールとかまさにそういう基準だよね。, モンサントの例からすると、遺伝子組み換え食品に品質上の問題を作った事に対しての風評被害の防止って意味も大きいと思うぞ。, 勝手に農薬まみれの汚染野菜を作って置いて、他者がそれと商品として区別しようとするのを批判するのはちょっと筋違いだ。あと、「遺伝子組み換えでないことが品質保証になる」かどうかは置いて置いて、遺伝子組み換えの結果が得られた特性が品質を阻害する可能性はそれなりに有るよ。防虫効果を得られるようにしたら、最初は人間には無害だと思われていたけども…ってのもあり得るので。もちろん同様の事が明示的な遺伝子組み換えでのみ発生する訳では無いけど。, >問題になるのは「遺伝子組み換えでないことが品質保証になる」と言う科学的に誤った理解の元運用されている点にある。, 品質保証の意味ってわかってます?これこれこういう過程で作りましたってのが品質保証なんだよ。品質管理を行ってきた、と言い換えてもいい。他のものと比べて品質がよい、というのは品質保証じゃ無いな。, よく知らないので教えてほしいのだけど、遺伝子組み換えでないことを保証する過程とやらにどれほどの意味があるの?ちゃんと科学的に実証された何かがあるんだよね?, まさかとは思うけど、水にありがとうと言い続けました、みたいなインチキじゃあないよね。, 別ACだが、#3491713 は君が品質保証という言葉の意味を理解せずに使っていることを指摘しているだけで、遺伝子組み換えの話はしてないね。だから遺伝子組み換えの質問をしても無駄じゃないかな。, なるほど、品質が良くなる保証のある工程都やらを超え耐えることはできない、ということね。ありがとう、よくわかったよ。, 「品質が良くなる保証のある工程都やらを超え耐えることはできない」とか意味不明なんだが。, そもそも、「品質が良くなる保証のある工程」の話なんて誰もしてないよ。してるというなら、引用してみ。, それなしにどうやって品質を保証するんだよ。遺伝子組み換えだろうなかろうと、作物そだてて収穫するプロセスなんぞまったく同じだろうに……。, 「君が品質保証という言葉の意味を理解せずに使っていること」を指摘することは、品質を保証する話をすることとは違うね。「品質が良くなる保証のある工程」の話をしている人なんていない。だから引用もできないわけだ。, すっかり忘れてるようだけど、このケースで品質保証のために必要なプロセスが何でどういう作業をしないといけないかって話は元コメで言及してる。してる人は居ないんじゃなくて、元からしてるのに勝手に無視してるACがいるだけ。まあ、難癖つけたいだけだからしたくても出来ないってのが大方だろうけどね。, 理解してないと指摘されてるのはそこじゃないし。品質保証のためにやる個々の活動は、それで品質がよくなる保証が絶対あるわけじゃないし。, しかも、品質保証のために項目を一個入れるのが必要とか、無知の上塗りじゃん。さらに、入れろというのが残留農薬検査のチェック項目って、遺伝子組み換えだろうとなかろうとやるプロセスが現在入ってないと思うところが意味不明。, もともとの話題はマークとして運用するなら品質を基準にすべきだって話なので、品質を保証するためにはどうすべきかって話に言ってるだけだからなぁ。「遺伝子組み換えでない」には科学的に見て消費者にとって有意な情報は何一つ含まれていないって指摘をごまかしたいがために枝葉に難癖付けてるだけにしか見えないよ。, #3491713 のACのコメントで話は終わっている。君の誤りは二点あって、一点目は品質保証は過程のことだから、「遺伝子組み換えでないことが品質保証になる」という発言は誤り。「遺伝子組み換えでないこと」は「過程」じゃないんだから成立しようがない。, たとえば幅40cmという仕様の家具を買ったのに幅50cmの家具を渡されたら顧客は困る。だから幅40cmという仕様で売るならそのサイズで作ったものが納められることを保証するために様々な活動がされていて、それは品質保証の一部だ。こ, 前提からしてダメなのか……。間違いも何も勘違いを元に間違いとか言われてもなぁ。せめて大本のコメントとストーリーと直前のコメントくらいはちゃんと読んで欲しいんだけど、ACにはそれすら高望みなのか……。, 「幅40cmの家具を保証する過程とやらにどれほどの意味があるの?ちゃんと科学的に実証された何かがあるんだよね?」とか言っちゃった人が言い訳してる(生暖かい笑い)。, すごい、ここまで勘違いしたまま発言できる度胸は感服する。面白いのでこれらもイキりACを貫いて欲しい, 品質保証という言葉を理解していたら絶対使わないところで使っているという指摘に対する反論はないね。できるわけがないが。, 遺伝子組み換え食品が売れない理由は、要するにファッションでしょ。「セレブのパーティに出てくる食品は、遺伝子組み換え食品か、遺伝子組み換えなしの食品か、どっちがありそうでしょうか」と質問したら、どういう答えが返ってくると思ってるんだよ。, 要するにダサいんだよ。それで売れないところで「安全なのに」とか言い出せば、「え、ダサい上に安全性にも不安があるのか」と思われるだけ。, いいねいいねー。強気な感じがより滑稽さを増して良い味出してるよ。ツリー根元のコメントを致命的に勘違いしてるんだけど、いつ気付くかなぁ(わくわく, 気づいてないのは君の方だよ。品質保証の活動の中で、ファッションに関することにどれだけエネルギーが注がれているのか知らないのか。, 遺伝子組み換え食品について「安全」が言えるのは、現在存在するものに対してであって、将来現れるものについては確定的なことはいえない。遺伝子組み換え食品をみんなが買えば、企業は次々と遺伝子組み換え作物を出してくることになるわけで、それらがすべて安全であることが保証されているわけではなく、一定のリスクが存在する。そのリスクと、遺伝子組み換え食品を買うことによるメリットを比較した結果、non-GMOを選択することを選ぶのは合理的だよ。実際そこまで考えてやっている人は少数だろうが。, というわけで、安全性に関するリスクについても答えてやったぞ。まだ何か残っているか?, まず、元コメを三回音読してみような品質は保証しないからあかんという話をしているのであって、品質を保証するといってるのは君だけだぞ, ここで対象になっている品質は仕様を守ることだと教えてあげたはずだが。まだ理解してなかったのか?, もうACでやったコメントの内容も忘れてしまったのか……。まあ、それがACの仕様だからしょうがないか。守ることでかえって品質保証されない仕様を体現してくれてありがとう。反面教師としてとても有用だったよ。, お父さんやお母さんに、人にものをこう態度につて教えてもらえなかったのかな?良い機会だから、道徳の教科書を読み返してごらん。, ツリー見返してみたけど、この後のコメントで説明が足りなかったのかもしれない。>「遺伝子組み換えでないことが品質保証になる」という発言は誤りむしろならないと言ってるんだけどな……。ここの理解がずれてるのを放置したばかりに、無駄な回答を強いることになってしまっていて、正直申し訳ない。, このストーリーは「遺伝子組み換えではないということを示すラベル」が科学的事実に反して品質が高いかのように受け取られているという、いわゆるニセ科学であるからFDAがそういうことをさせないように手続きましたって話題なので、まさかそこを勘違いしているとは思わなかった。速い話が勝手に買いかぶっていたのだけど、反省しなければ。, 遺伝子組み換え技術が特別じゃないというのは推進派の言うとおりなんだけどねその証拠にモンサント大豆の除草剤耐性遺伝子がいつの間にやら雑草に…, 日本はどうするんだろう。原産地や原産国もちゃんと表示するようになったんだっけ。#そこまで気にして買ってなかった。, ベジタリアン向け食品に張られる「動物由来の原料未使用」ってラベルは肉食っても健康に害無いし動物由来の原料を摂るのは健康によくないというイメージを招きかねないので禁止すべきだ, まあ、中には健康にいいからってベジタリアンやってる人もいるでしょうけどそういう人はそこまで厳密に避けてるわけでもないでしょうし, ううん。もっと酷い。素直に解釈すれば「俺様判断で問題が無いって決めて居るのだから区別できる表現はしてはいけない」って事だから。ブランド化なんてもっての他。下手すりゃ独自の製品名を名乗るのすら禁止とか言われ兼ねない。, 「カップ麺はカップ麺と言う名前以外を使うのは他を貶めているからダメ。だから『ラ王』と書くな。俺らの商品だって俺様判断では負けてないのだから」って感じかな。, 在日犯罪通名報道を、リベラル(笑)系報道機関が行うのみならず、リベラル(笑)が強要しているのを受け入れろってな話。, 技術開発推進の非営利のシンクタンクという建前の組織。アメリカの利益にならないことはやらない組織。ぐらいかなぁ…。, 製品に自信があるのなら堂々としてれば良い。自身がないなら安くするとかすれば良い。遺伝子組み換えで、耐病性とか収量とかのメリットは受け取っておいてデメリットは拒否するという態度は受け入れられない。, 俺は有機無農薬栽培の野菜と普通の野菜が並んで売られていても、普通に普通の野菜を買うよ?, ブランド戦略ですから。自身があれば堂々≒無策でいれば良いというものではないと思いますよ。, 無策でいるのではなくて、GMOラベルでも貼って消費者にメリットを訴求していけばいい。農薬が少なくてすむ(から安全)とか収量が多くなり安く安定して供給できるとか。あるいは味に自信あり(個人差があります)とかね。, それなら「フクシマの野菜は安全」とかも、言うべきじゃあないね。黙って風評を受け入れて、そのまま衰退していくべき。, 遺伝子組み換え作物を使っていない商品に「遺伝子組み換え作物を使っていない」と表示するのが風評被害? どこの世界の住人ですか?, Non-GMOって、福島の例でいえば、「国産(福島産ではない)」と書くようなもんじゃね?という主張だと思う。, もっとも、「国産(福島産ではない)」という表記は福島産を根拠なくディスっているし、そんな表記じゃなく単に宮城産とか青森産とか書けばいいだけなのでアレだが、「遺伝子組み換えでない」という表記には代替手段がなさそうなので賛成はしない。, この場合風評被害を受けたのはNon-GMOの側だろ。自分達の商品が除草剤まみれの商品と同様に見られたらたまらんってのも、Non-GMOを付ける理由の一つ。, 違うよ。風評自体を批難するのは自由だ。しかし、自分の製品にどういう記述をしようが、嘘で消費者を誤魔化したりしない限りはそれも自由だ。, Non-GMO記述に「○○社の遺伝子組み換え商品は危険です」と書いて居るのならその記述を問題にすれば良い。でも「これは遺伝子組み換えではありません」と書いて居るのを禁止する理由が無い。, てかそれ言い出すとブランドとか、それどころか下手すると商品名すら付けられなくなるぞ。, 嘘じゃなければ商品名なんぞ販売者の自由だしな。なんなら業界でブランドでっち上げてブランドシール付けても良いだろ。, つか、GMOの商品が良い商品だと思って居るのなら別にnon-GMO表記を付けられても何も問題は無いよね。彼らの論から言えば、むしろ競合が自分等で商品価値を落とす表示をしているだけ。それは、彼らの言う良い商品であるGMO商品と混同されて消費者に存在しない有意性を示す事を避けているってだけで。, Non-GMOWe are Sakura Internet!とか言うステッカー良さそう。, より多くのコメントがこの議論にあるかもしれませんが、JavaScriptが有効ではない環境を使用している場合、クラシックなコメントシステム(D1)に設定を変更する必要があります。, この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。